再びケープエリザベスの家

お店のメンテナンス期間に再びアメリカのメイン州に来ています。

今回も去年と同じケープエリザベスの家を借りているのですが、この家は本当に我が家に帰って来たような心地良さです。 毎年の様に訪れているメインですが、今回の様なレンタルハウスを利用する様になったのは3年位前からです。 以前はホテルを利用することが多かったのですが、毎回外食も辛いですし、レンタルハウスだと多くの友達を気兼ね無く招く事が出来たりします。 そうした中でたどり着いたのがこのシステムです。
アメリカ人は自慢の家をより多くの人に見てもらいたいのか沢山のお家が貸し出されています。 そのためインテリアもなかなかです。 タオルやシーツ、食器類やキッチン用品等も全て完備の状態で貸していただけるので着いたその日から自宅の様にくつろげます。 ここは4ベットルームと2つのバスルームが付いるお家ですが、今年もボストンからAさんのご家族が、日本からキャボットのお客様のHさんとそのお友達、それにスタッフのNちゃんが遊びに来てくれて、今日この家は満室です。


このページのTOPへ

Photo:延籐 学(記事中の写真を除く)
© 2009-2017 CABOT COVE キャボットコーヴ All rights reserved.

essay writing service reviews