メイン州の農家から

今年もアメリカ メイン州のKenさん、Caroleさんご夫妻からメイン州産メープルシロップが届きました。

昨年メイン州を訪問した際に友人を通して一緒に食事をして以来、毎年ご夫妻からその良質な自家製メープルシロップを送っていただいています。
メイン州北部のCantonという小さな町で農場を経営するご夫妻は、冬はRiver Valley Sugar Shackという名の小屋でメープルシロップの生産をしていらっしゃいます。 初めてお会いした時に、毎年3月の第4日曜日に地元民など大勢の人にパンケーキをご馳走し、その年にできたメープルシロップを味わってもらう “メイン メープル サンデー” の話や、広い農場を耕すのに今でも農耕馬を使っているというようなとても楽しい話を聞かせて頂きました。 農耕馬に使う耕具はアーミッシュの鍛冶屋が作るものを取り寄せるのだそうで、さぞかしメープルの樹液は1本1本の樹からバケツで採る昔ながらの工法かと思えば、それはポンプを使って個々の樹からホースで小屋まで汲み上げるという笑い話もありました。

このメープルシロップはキャボットコーヴのメニューの中にありますので、ご注文いただくと店内でご賞味いただけます。

また、473ml入り2500円(消費税込み)で販売も致しております。

このページのTOPへ

Photo:延籐 学(記事中の写真を除く)
© 2009-2017 CABOT COVE キャボットコーヴ All rights reserved.

essay writing service reviews