The Well at Jordan’s Farm

ケープエリザベスはポートランドのダウンタウンから車で15分程の海辺の住宅地です。

住民は景観を大切にしていて、町には大きな商業施設はありません。 滞在先の家から歩いて行ける2件の人気のレストランとアイスクリームスタンドがありますが、あとは小さなスーパーマーケットと灯台のある岬にカジュアルなシーフードレストランがあるだけです。 そんな小さな町の郊外に、ちょっとユニークで夏の期間のみ営業するレストランがオープンしました。

005海から少し離れた広大な畑の中に“Jordan’s Farm”という新鮮な野菜とオーガニック食品などを扱う売店があります。 その店が腕利きのシェフを呼んで毎夏オープンしているのが“The Well at Jordan’s Farm”という農家レストランです。
キッチンのある小さな小屋とその周りにある5棟ほどのキャビンがレストランの構成になります。 小屋の入口にある黒板に書かれた前菜1種類、メイン4種類、デザート1種類の中から好きな物を注文し、ワインなどの飲み物はセルフサービスの水とアイスティー以外はすべて持ち込みとなります。 支払いは現金で木箱に入れるという驚きのシステムです。 私達は満席直前の予約でしたのでキッチンが正面の狭いカウンターに席を案内されました。調理の様子がうかがえ、シェフとも直接お話ができる絶好の席です。

The Well私達は2人で前菜1品、メイン2品、デザート1品と注文しましたが、もう1つの驚きが、カジュアルでシンプルなサービスでありながら全てのお料理が素晴らしいプレゼンテージョンであり、肉や野菜も皆丁重に料理されて高級感たっぷりでした。 特にデザートはなんとドーナツでしたが、その食感と添えられたルバーブのコンポートとホィップクリームがベストマッチで感動しました。 お料理は2人で全部シェアしていただきました。

今回のアメリカ滞在では、最近の評判の良いレストランの多くは抵抗なくお料理をシェアさせて頂けたり、少ないポーションの小皿のお料理も努めてメニューに載せているお店も増えて、健康志向にある事を強く感じました。


このページのTOPへ

Photo:延籐 学(記事中の写真を除く)
© 2009-2018 CABOT COVE キャボットコーヴ All rights reserved.

essay writing service reviews