ナンタケット島とマーサズヴィ二ヤード島

ボストン国際空港から直行便で日本へ帰路につく前に、マサチューセッツ州のケープコッドに立ち寄りました。
この半島の南には、マーサズヴィ二ヤード島とナンタケット島の2つの島があります。 10年以上前に日本のあるラジオ番組で紹介されたその島のB&Bでの朝食に誘発されてナンタケット島は訪れたことがありましたが、その時に行けなかったマーサズヴィ二ヤード島も訪れるのが今回の目的です。

2つの島へはケープコッドのハイアニスというケネディ大統領の別荘があったことで有名な港町からフェリーが出航しています。 ケープコッドはアメリカ人憧れの海のリゾート地ですが、美しいメイン州での滞在を終えた私たちは半島を周らずにこのハイアニスに宿泊しただけで、ほとんど2つの島でアメリカでの最後の2日間を過ごしました。

003ただケープコッドのサンドイッチという古い町には、以前アメリカ人の知人が住んでいて何度か泊めていただき、そのニューイングランドらしい町というより村の趣が大好きで、懐かしくて立ち寄ってきました。

ジンジャーブレッドハウスマーサズヴィ二ヤード島では、島にいくつかある町の中でオークブラフというフェリーの発着地のある町で過ごしました。 ここは19世紀のカラフルなジンジャーブレッドハウスと呼ばれるコテージが並ぶことで有名です。

039ナンタケット島は19世紀に捕鯨産業で栄えた島で、現在は風雨にさらされた絵のようなグレーの家並みが美しいリゾートタウンとなっています。
この島の歴史から生まれたナンタケットバスケットという「世界一美しいかご」と呼ばれる伝統工芸品があって、家内が軽井沢でナンタケットバスケットの教室を開かれている先生に教えていただいている事もあり今回の再訪となりました。


このページのTOPへ

Photo:延籐 学(記事中の写真を除く)
© 2009-2018 CABOT COVE キャボットコーヴ All rights reserved.

essay writing service reviews