カントリーイン オーチャードハウス

今から30年程前に日本ではペンションブームと呼ばれる時代がありました。 私達夫婦が兄夫婦の経営する清里のペンション オーチャードハウスで共に働いていた頃になります。

当時オーチャードハウスはペンションブームの先駆けとして確固たる地位を築いていたのですが、それは単に人気に便乗したものではなく、その優れた顧客サービスを評価された結果だと、運営に関わったものとして実感しております。

サービス業の知識や経験のない私達夫婦(妻は結婚前に某大手ホテルでフロントとして働いた経験はありましたが)は、そこで多くのことを学びました。 その後、カフェをオープンする為の準備期間として20年以上サラリーマン生活を送りましたが、現在のキャボットコーヴが多くのお客様に高く評価して頂いているのも、私達のオーチャードハウス時代の賜ものだと思っております。

現在も“カントリーイン オーチャードハウス”という名称でずっと兄夫婦によって営まれており、今もその変わらぬ優れたおもてなしと美味しい料理で人気を博し、来年はオープンして40年目を迎えようとしております。


このページのTOPへ

Photo:延籐 学(記事中の写真を除く)
© 2009-2017 CABOT COVE キャボットコーヴ All rights reserved.

essay writing service reviews