Coffee By Designの人々

私たちがアメリカ メイン州に引き寄せられる理由として、好きな店や風景があるという話をこのブログ上で語りましたが、もうひとつ、そこに会いたい人々がいるからということについてお話します。 

アメリカを訪れるたびに多くの人と知り合い、その人達との再会が楽しみで、また戻ってくるという循環がここ数年に渡り続いています。
約30年前にポップオーバーのことを教えてくれたアメリカ人のご主人を亡くし今もメイン州に住む日本人のSさん、学生時代にお世話になったご夫妻のお孫さんで当時は子供でしたが大人になってからもずっと交流の続くPaulは、こちらで必ず会う大切な人達です。
そして、日本にいる友人の紹介で知り合った半島の先端の素敵な家に住むPaulaさん、突然誘われて家に泊めていただいたアンティーク店の女性オーナー、ポートランド在住の日本人夫婦で共に有名レストランで働くAさん夫妻、毎年その年に生産したメープルシロップを送ってくださり今回は滞在中の家まで2時間の道のりを車で届けてくださったメープルシロップ農家のCaroleさん等々…会うのが楽しみな人達がこちらには大勢います。 

そして4年前に知り合って以来ずっと毎年会い続けているポートランドのコーヒー豆焙煎会社“Coffee By Design”のオーナーMary AllenさんとAlanさんご夫妻、そして“Cabot Cove Blend”のローストや発送業務でいつもお世話になっているDylanさん、Ginnyさん等スタッフの皆さんを今年も訪問することができました。
仕事場の大勢の皆さんから挨拶を受け、主要スタッフの方々には新しいロゴの説明や今後の展開など丁重に説明して頂き、お忙しい中いつも通りの熱い歓迎を受けました。 そして会議の中でキャボットコーヴの10周年に向けて記念のブレンドを作る運びとなり、とても有意義で楽しい訪問となりました。 

メイン州にいると、スーパーのレジの店員さんやレストランで席が隣り合わせたお客さん、散歩の途中であった人など、知らない人々が本当に皆とても親しく接してくれます。 “Coffee By Design”の皆さんもそんな初対面から始まって、今では再会の楽しみな人々となっています。


このページのTOPへ

Photo:延籐 学(記事中の写真を除く)
© 2009-2017 CABOT COVE キャボットコーヴ All rights reserved.

essay writing service reviews