変わらぬ風景

アメリカ メイン州に滞在中必ず訪れる山間部の小さな町Cornishに行く途中、いつも目に止まる風景があります。
人工物の全くない山々の稜線を背景に、牧草地の中にある池に農家で飼われている馬や牛、水牛、犬などが一緒に涼んでいる風景が、ここを通るたびに目に飛び込んできます。 観光のために用意された風景ではありません。 私がこの近辺に住んでいた40年程前も同じ風景を見た気がします。

こちらに滞在しているとそんな風景を見るのが懐かしく、そして嬉しくて仕方ありません。
私たちがこの地に引き寄せられる理由は、好きな風景と人と店が存在するからと以前答えましたが、まさにこの風景はその答えのひとつだと思います。

メイン州には美しい海の風景だけでなく無数の湖もあって、本来その美しさから土産物店や飲食店が乱立しそうですが、景観を損なわない程度に別荘が点々とあるだけで、昔と変わらぬ風景のままです。

住宅地では、塀や垣根のない家々の庭が良く手入れされ、芝生の緑に建物の色が映えています。 看板の多くは白ではなく茶色で、それ自体が目立つものではなく、木々や草花、そして個性豊かな家々の色を引き立てる役割のようにも思えます。
また、古い建物の多くは建て替えられることなく大事に使われています。

変わらぬ風景を残してゆくためにも、日本でもこのような姿勢をもっと見習いたいものです。

※ キャボットコーヴでも店のお客様に思い出に残る景色の中で過ごしていただけたらと、庭の芝生の育成に努めてまいりました。 今まで悪条件が重なってうまくいきませんでしたが、今回店のメンテナンス期間を利用して、建築専門のFさんが種類から選んで、自ら芝を張って素晴しい緑の庭に仕上げていただきました。
現在、人と車の進入を防止するためのロープを張っており、お客様の駐車が大変困難な状態となっております。
大型のお車の方は、できるだけ臨時駐車場のご利用をお願い申し上げます。

 

このページのTOPへ

Photo:延籐 学(記事中の写真を除く)
© 2009-2017 CABOT COVE キャボットコーヴ All rights reserved.

essay writing service reviews